【ジョブチューン】ローソン「一押しスイーツTOP10」vs超一流スイーツ職人

スポンサーリンク

2020年8月22日放送の「ジョブチューン」はジャッジ企画『ローソンのスイーツ×超一流スイーツ職人』。約400種類のスイーツの中から「プレミアムロールケーキ」「バスチー」「マカロン」「エクレア」「パリムッシュ」などローソンの従業員200名が選んだイチオシスイーツ10品で勝負!

スポンサーリンク

ローソン スイーツ

全国で約1万5000店を展開する大手コンビニチェーン「ローソン」が約40種類あるスイーツの中から、従業員200名が選んだイチオシスイーツ10品で超一流スイーツ職人に勝負を挑みます!

ジョブチューン ローソン スイーツ 超一流スイーツ職人

コンビニスイーツブームの火付け役となった「プレミアムロールケーキ」、発売からわずか3日で100万個を売り上げた「バスクチーズケーキバスチー)」をはじめ、話題のスイーツを数多く手がけてきたコンビニスイーツ界の革命児・ローソン。本格的な「マカロン」、ボリューム満点の「エクレア」、新発売「パリムッシュ」など、ローソンの人気のスイーツに対する超一流スイーツ職人たちのジャッジは、果たして!?

スポンサーリンク
【ルール】
超一流スイーツ職人7人が試食。7人中4人以上が合格なら「値段に見合った本当に美味しい商品」に認定。

コンビニスイーツでは、過去に「セブン-イレブン7品」「ファミリーマート8品」「ミニストップ9品」が“合格”を獲得!満を持してジャッジ企画に初参戦のローソン。他のコンビニチェーンを超えることはできるのか!?

セブン-イレブン:7品合格
ファミリーマート:8品合格
ミニストップ:9品合格

ローソンの目標は「最低でも9品合格」!

さて、結果は…

【10位】生バウム

生バウム(生バウムクーヘン) 153円(税抜) 合格

しっとり口の中で溶けていくような生食感が楽しめるバウムクーヘン。北海道産生クリームをたっぷり加えた生地を一層一層丁寧に焼き上げ、味と食感のアクセントとなる砂糖のシロップをかければ、外はシャリシャリ、中はしっとり柔らかい食感が癖になる一品。

ローソン スイーツ 生バウム 生バウムクーヘン
(出典:https://www.lawson.co.jp/)

合格 4名(鈴木、皆川、徳増、石井)
不合格 3名(柴田、江森、徳永)
【石井】この価格でこの味わいを出せたことはすごいと思う。生地もしっとり、ちゃんと謳われているとおりの期待値を満たすような味。柔らかい生地とグレーズ(砂糖などを煮詰めたシロップ)が硬く保たれているのがすごいと思った。
【徳増】(パッケージに表記されている「生クリームin生地でふんわりしっとり」について)ふんわりとしっとりは対義語。ふんわりし過ぎるとパサついてくるし、しっとり感を追及するとふんわりとはいかない。その中間をちゃんと狙っているのが伝わってきて良かった。
【徳永】そんなにクリーム感を感じられなかったのが不合格の原因でした。パッケージに「生」と書いてあったので、トロッとした「生」感があった方が良かったと感じた。

【9位】フローズンパーティー

フローズンパーティー ストロベリー 315円(税抜) 不合格

シャーベットをレンジでチンするという逆転の発想から生まれたスイーツ。カチカチに冷凍された状態から500Wで1分10秒温めると絶妙なシャリシャリ食感が楽しめる、暑い夏にピッタリのフローズンドリンクに。
様々なフーバーの中でも人気No.1なのがストロベリー。

合格 2名(柴田、徳増)
不合格 5名(鈴木、皆川、江森、石井、徳永)
【江森】最近コンビニのスイーツを食べさせてもらったりしても極端に「これはないな」っていうのがなかったが、これは久しぶりに美味しくなかった。フルーツを使ているがフレッシュ感が全然感じられないというのが1点。混ぜたら美味しいのかな、と思って混ぜて食べてもすごく甘ったるい感じになってまとまってこない。食べても吸っても僕には響いてこなかった。
【鈴木】一言でいうと僕には甘い。「苺だったら通年売っても売れる」と、あぐらをかいているようではこの先がない。この時期に持って来るならもっと夏らしいものを持ってくるとかすべき。フルーツの甘みではなく、砂糖の甘みが強いのは一口食べて思った。

【8位】ミチプー

ミチプー(ミッチリプリン) 222円(税抜) 不合格
*沖縄の店舗では販売していません。

最大のこだわりは食感。
マスカルポーネチーズと生クリームをふんだんに使用した生地を低温で40分間じっくり火にかけることでフォークで刺せるほどの硬めのねっとりした食感の濃厚なプリンに。
通常プリンに入れることのない練乳を入れることでミルク感をより感じられる味わいに。カラメルはミルク感をより引き立てるようにビターに仕上げている。

合格 1名(皆川)
不合格 6名(鈴木、柴田、徳増、江森、石井、徳永)
【柴田】これはスイーツではない。味もなければ、ゼラチンのキャラメルは糖分の足し過ぎで苦味もない。キャラメルって煮詰めてそのまま放置すれば固まるが、これはゼラチンの力だけで固めているだけ。だから苦味なんて絶対にない。全てがバラバラ。
【徳増】カラメルがあまりにもかわいそう。カラメルってすごく奥が深い。1秒でも強く煮詰め過ぎちゃうと全く味も変わってくる。そこをもうちょっと研究した方が下の土台活きるんじゃないかと思う。

【7位】生ワラモ

生ワラモ とろ生わらび餅 181円(税抜) 不合格
*沖縄の店舗では販売していません。

近年勢いを増している生クリーム人気。そんな生クリームを使ったスイーツを数多くヒットさせてきたローソンが意外性をもたせて和のわらび餅と組み合わせた新感覚和スーツ。
北海道産生クリームをブレンドした軽やかなホイップクリームはわらび餅と相性抜群。わらび餅は水分量を多くすることで出来立てのようなとろける食感に仕上げている。

合格 3名(柴田、江森、石井)
不合格 4名(鈴木、皆川、徳増、徳永)
【皆川】私の中では甘過ぎる。個人的には乳製品とわらび餅はどうなのかな?
【徳永】わらび餅って独特のデンプンの優しい香りがあると思うが、大量の生クリームで全部味がマスキングされてしまいわらび餅の味がほとんどわからなくなった。生クリームの中に何かネチャネチャしたものが入っているという感覚。
【柴田】生クリームのレベルはかなりいい。10代から20代の方くらいにはちょうどいい。これくらいの甘さがないと逆に食べている感がないかと。コンセプトとこの金額で若い人に向けて和菓子をという所ではいいかな、と思う。

【6位】マカロン

マカロン(あまおう苺&ショコラ) 213円(税抜) 合格

10年前、専門店でしか買えなかったマカロンをいち早くコンビニスイーツとして商品化。
その後改良を重ね、2019年発売したのが「あまおう苺&ショコラ」味。一番のこだわりは専門店顔負けの生地。温風をかけながら短時間で焼くことで、外ハサクサク、中はしっとりねっとり焼き上げている。
さらにイチゴクリームには程よい酸味と香りが際立つ福岡県産のあまおう苺をふんだんに使用。ショコラクリームにはビターな味わいが特徴のハイカカオチョコを使用。中にクラッシュアーモンドを混ぜることでザクッとした食感の変化も楽しめる。

ローソン スイーツ マカロン あまおう苺&ショコラ
(出典:https://www.lawson.co.jp/)

合格 4名(鈴木、皆川、江森、徳永)
不合格 3名(柴田、徳増、石井)
【徳永】まず値段。専門店だと1個250円から300円くらいだが、その半額以下ですごい。レベル的にもコンビニでこれ出してるの?という高いレベル。サックリしながらも中はしっとりしていて美味しくてよかったと思った。
【江森】僕が注目したのはパッケージの気遣い。壊れないようにパッケージングされている。片方が空いているのは取りやすさだったりの気遣いが見えたので合わせて合格かなと思った。
【石井】生地に気泡が出過ぎていてプクーって膨らんでしまっていているので生地をモサモサと感じてしまう。モサモサ感を消せるような皮の薄さだったり、レシピを調整できたらいいのかなと思った。

【5位】エクレア

チョコクランチエクレア 153円(税抜) 合格

ビターなチョコエクレアにザックザクのクランチがたっぷり乗ったボリューム満点の一品。
中のカスタードクリームはたっぷりの卵を入れることでコクのある味わいに。さらに隠し味にブランデーを入れ香り豊かなスッキリとした後味に仕上げている。

ローソン スイーツ チョコクランチエクレア
(出典:https://www.lawson.co.jp/)

合格 6名(鈴木、皆川、柴田、徳増、石井、徳永)
不合格 1名(江森)
【柴田】美味しかったです。これ2~3本一気に食べられる。この価格では相当レベルが高い。100点超えます。
【徳永】皮・クリーム・チョコのバランスがとても良かった。クランチが乗っていて食感が合わさってすごい良い。洋酒が入って味のキレもあって、結構大きいサイズなのに最後まで美味しく食べられる。

【4位】パリムッシュ

パリムッシュ ブリュレパインシュー 185円(税抜) 不合格

今月新発売、ブリュレとシュークリームを合体させた新感覚スイーツ。
最大のポイントは皮。シュー生地の上に砂糖を混ぜた生地を乗せて焼くことで、砂糖が焦げ、カリッカリのブリュレ食感に。さらに生地はパイ生地とクッキー生地が重なっており、層を重ねることでよりサクサクに。
クリームはたっぷりの卵とホイップクリームを混ぜ合わせ、濃厚なのにサッパリと食べられる仕上がりに。2つの美味しさを同時に味わえるハイブリットスイーツ。

スポンサーリンク
合格 0名
不合格 7名(鈴木、皆川、柴田、徳増、江森、石井、徳永)

なんと全員不合格!!

【江森】率直に美味しくなかった。パッケージの写真と中身がちょっと違う。写真では表面パリッとしててキャラメル状に見せているのに、開けたら上に砂糖が振ってあってちょっと表面焦がした感があって。その部分だけ食べても味がしないというかただ苦いだけ。ちょっと残念。
【鈴木】美味しいものを作ろうという発想ではなく、発売日に間に合わせなきゃならないからこれで、というその会社の社風をどうにかしないと。柴田シェフが「これで完成なんですか?」って言った言葉がそのもの。僕もこれで完成なのかな?って本当に思った。結構厳しいと思う。
【柴田】表面のパリッというブリュレのことばっかり執着しているからこういうことになっちゃってる。クリームはもうちょっとアレンジできる。そこに少しキャラメル風味を入れてくるとかでも全然変わってくると思う。

【3位】どらもっち

どらもっち(あんこ&ホイップ) 167円(税抜) 合格

最大の特徴はどら焼きの生地。
生地に長芋とお米のペーストを練り込むことでモッチモチの食感に。
生地の厚みを通常のどら焼きの半分にすることで、歯切れが良く、口溶けのよい生地に仕上げている。
あんこは甘さを抑え、海藻から取れる藻塩を使うことであずきの旨味を引き立て、後味のスッキリした味わいに。

ローソン スイーツ どらもっち
(出典:https://www.lawson.co.jp/)

合格 7名(鈴木、皆川、柴田、徳増、江森、石井、徳永)
不合格 0名

なんと全員不合格の次は全員合格!

【柴田】うまいとしか言いようがない。どら焼きは好きだがコンビニであまりどら焼きを買わないが、ローソンは流石だなと思った。いろんなものが凝縮されて研究されてきている。パーフェクト。
【皆川】かなり完成度の高い生地。米ペーストは新しい原材料だと思うが、果敢に挑戦されていて尚且つバランスを保っている。一つ原料が増えるだけで全体が狂ってしまうことも多々あると思うがそこをうまくクリアできている。あんこだけを食べた時にちょっとしょっぱいかなと感じたが、皮とクリームとあんこを一緒に食べたときに「あーなるほど」と思った。
【徳永】皮がとにかく美味しい。モチモチした食感の中でたっぷり中に具が入っていて、ちゃんと周りが閉じている。そういう気遣いもすごいいいなと思った。他のコンビニさんでもどら焼きが出ていて合格出てたと思うが、僕は今まで一回も合格出したことがなかった。でもこれはすごい美味しい思って合格を出させてもらった。2枚あったらダブル合格を出したかったくらい美味しかった。

【2位】プレミアムロールケーキ

プレミアムロールケーキ 139円(税抜) 合格

2009年の発売以来、累計売上3億9千万個を売り上げたローソンスイーツの金字塔。
最大のこだわりはクリーム。北海道産の生クリームを2種類、ホイップクリームが2種類、計4種類をブレンド。脂肪分が異なるクリームを使用することでコクがあるのにくどくない、キレのあるクリームに。
さらにスポンジにもこだわりが。多くの一流パティシエが愛用し、菓子用小麦粉の最高峰と言われる「宝笠」を使用することで口どけがよくしっとり滑らかなスポンジに。

ローソン スイーツ プレミアムロールケーキ
(出典:https://www.lawson.co.jp/)

合格 7名(鈴木、皆川、柴田、徳増、江森、石井、徳永)
不合格 0名

2連続での満場一致で合格!

【鈴木】もう本当にいうことがないくらい完璧。生クリームの美味しさは群を抜いている。今までいろんなコンビニスイーツを食べきたが、これは本当に美味しいと思う。コクがある、キレがある、口溶けがいい、クリームの悪いところが全然見当たらない。脂っぽくもないし、ベタついてもいないし、本当に技術力も高いんだなと感心しました。
【石井】発売当初コンビニに行って食べて「コンビニでこんなに美味しいお菓子ができちゃうんだ」と。パティシエになってまだ何年かの時だったが、これ食べてパティシエとしてやるぞというやる気を補ったり、疲れた時ホッと癒された、懐かしい気持ちを思い出した。
【徳永】これ来ましたね、めっちゃ美味いっすね。スポンジ、これ肝ですね。すっごく美味しい。しっとりさせようとし過ぎるとどうしてもべちゃついたりするが、歯切れも良く、しっとりとしてクリームともすっごく合っていた。

徳永さんの「めっちゃ美味しい」は1日1回しか出ないそうです(笑)


【1位】バスチー

バスチー(バスク風チーズケーキ) 199円(税抜) 合格

スペインのバスク地方で生まれたバスクチーズケーキを2019年コンビニとして一早く発売。
3日間で100万個を売上、プレミアムロールケーキの5日で100万個という大記録を塗り替えた。
レアでもベイクドでもない絶妙な食感が特徴のチーズケーキは、タイプの異なる北海道産とオーストラリア産の2種類のクリームチーズを使用することでまろやかな中にもコクがある味わいに。
さらに焼き方にもこだわり。最初は火加減を調整しながら低温でじっくり、最後は一気に高温にすることで表面はこんがり香ばしく、中はトロッとした食感に仕上げている。

ローソン スイーツ バスチー バスク風チーズケーキ
(出典:https://www.lawson.co.jp/)

合格 7名(鈴木、皆川、柴田、徳増、江森、石井、徳永)
不合格 0名

3連続での満場一致で合格!

【徳増】重みのあるものイコール原価が高い。空気を入れれば入れるほど原価は安くなる。測ってみると75gあった。この原価でこの価格は正直破格。この値段で食べられるというのは至福なんじゃないと思って合格とした。
【鈴木】トップ3ともパーフェクトくらい本当に美味しかった。潜在能力がある企業だと思った。リベンジして頂いたら本当に歴史が変わるんじゃないかと僕は思う。

まとめ・感想

最初はどうなるかと思ったローソンスイーツ。
4位の「パリムッシュ」ではまさかの全員不合格という不名誉まで。しかも今年発売の商品って、ローソンとしてはかなりのダメージを受けました。その時点で不合格が4商品。

背水の陣となったローソンですが、最後のトップ3はそれまでの鬱憤を晴らすかのような3連続全員合格!どのコンビニスイーツでも成し遂げられなかった偉業。なんとか面目を保つことができました。

バスチーとプレミアムロールケーキは個人的にも好きな商品で応援にも熱が入りました(^^;

気になったのは3位の「どらもっち(あんこ&ホイップ)」。超一流スイーツ職人の方々がべた褒め。まだ食べたことがないので次回ローソンで見かけたら早速食べてみたいと思います(^^♪

ただ、目標の「最低でも9品合格」には程遠い結果、コンビニスイーツとしては最下位となる「6品合格」となってしまいました。


超一流スイーツ職人

鈴木 一夫
ウェスティンホテル東京」のレストラウン・ラウンジなど全てのスイーツの最高責任者を20年勤め、デザートビュッフェの魔術師との異名を持つ。
皆川 典雅
東京・目黒「菓匠 雅庵」代表取締役。
和菓子職人にとって最高の栄誉である「優秀和菓子職」に認定され、和菓子会最大の品評会「全国菓子博覧会」で「農林水産大臣賞」を受賞した和菓子界の重鎮。
柴田 武
名古屋「シェ・シバタ」オーナーシェフ。
3ヵ国で9店舗を構える世界的パティシエ。フランスNo.1ヂェアのチョコメーカーから世界でたった3人のアンバサダーに選出。世界的ショコラティエ辻口博啓がその腕を認めた。
徳増 俊則
菓匠 徳増」オーナー。
和菓子(創業41年の老舗「菓匠 京山」)と洋菓子(超一流洋菓子店「ピエール・エルメ」)で修業し、ホテルニューオータニでは焼き場を任された和スイーツのチャンピオン。
江森 宏之
神奈川・中央林間「メゾン ジブレー」オーナーシェフ。
フランス最優秀職人の勲章を持つ「フランク・フレッソン」氏の下で修業を積み、スイーツ世界大会で日本代表のキャプテンとしてチームを世界一に導いた。
石井 英美
東京・目黒「アディクト オ シュクル」オーナー。
本場フランスで修業。マカロン発祥の名店「ラデュレジャパン」元マカロン製造部の責任者を務めた。
徳永 純司
インタコンチネンタル東京ベイ」エグゼクティブシェフパティシエ。
洋菓子界のオリンピック「クープ・デュ・モンド」のチョコレート部門で優勝。テレビドラマ「グランメゾン東京」でデザートを監修(モンブラン・クレームダンジュ)。


「ファミリーマート」「ミニストップ」のスイーツもジャッジ企画に挑戦しています。

結果はファミリーマートが10品中8品合格、ミニストップはなんと10品ちゅう9品合格!かなり優秀でした♪


その他の『ジョブチューン』の記事はこちら↓


TBS「ジョブチューン」
2020年8月8日(土) 19時00分~21時00分
出演:ネプチューン(名倉潤・原田泰造・堀内健) 田中みな実
パネラー: バナナマン(設楽統・日村勇紀)・土田晃之 / 片岡愛之助 / 石塚英彦・ギャル曽根・菅井友香(欅坂46)・りょうくんグルメ
ローソン出演者:坂本眞規子(スイーツ総責任者)・平原さやか(和菓子開発担当)・金城友己(洋菓子開発担当)

タイトルとURLをコピーしました