【ジョブチューン】ミニストップ「イチ押しスイーツTOP10」リベンジマッチ結果まとめ!

スポンサーリンク

2021年7月24日放送の「ジョブチューン」はジャッジ企画『ミニストップVS超一流スイーツ職人』!「ミニストップ」がジャッジ企画リベンジマッチ!従業員が選んだイチ押しスイーツTOP10で再び勝負に挑む!「ミニストップ」で本当に食べるべきメニューとは!?

スポンサーリンク

ミニストップ「従業員イチ押しスイーツTOP10」×超一流スイーツ職人

2020年8月の放送で、絶対の自信を持つイチ押しスイーツ10品でジャッジ企画に挑み、満場一致での合格1品を含む9品合格というジャッジ史上最高の成績を収めた「ミニストップ」。スイーツ王者としての座を確固たるものにするべく、再びジャッジ企画に参戦!前回唯一不合格だった「ティラミス」を改良し、リベンジに挑みます!

目標はもちろん9品合格を死守&さらなる高みを目指して全品合格のパーフェクトなるか!?

果たして結果は!?超一流料理人たちのジャッジは…果たして!?

【ルール】
一流料理人7人が試食。7人中4人以上が合格なら「値段に見合った美味しいメニュー」に認定。

さて、結果は…

スポンサーリンク

【10位】生チーズケーキ

ジャッジの壁
とろける北海道 生チーズケーキ 259円(税込)不合格
一度にいろんな味を楽しんで食べられるようにした3層仕立て。
一層目はチーズにヨーグルトを加えた酸味のあるさわやかなチーズホイップ。
二層目はカスタードに北海道産のクリームチーズと生クリームを加えとろける食感にこだわった濃厚なチーズ。
一番下の層はなめらかで口溶けのよいすっきり味のミルクムースが。
表面には香ばしいサクサクのクッキーをトッピング。

ミニストップ とろける北海道生チーズケーキ
(出典:https://www.ministop.co.jp)

合格 3名(鈴木、土屋、徳永)
不合格 4名(辻口、鎧塚、柴田、徳増)
【柴田】他のコンビニのチーズケーキを買うかな。とろける食感にこだわりを持っているが、チーズ独特の発酵臭が感じられない。とろけるところは水分量が増えてくる。そうするとチーズの香りが下がっていく。パウダーの香りが強いチーズを使えばもっとチーズ感が出ると思う。
【辻口】チーズらしさが出ていない。北海道にはもっと上質感のあるチーズがある。いろんな作り手のところを訪ねるなどの努力をした方がいい。

【9位】ティラミス

リベンジ
とろけるティラミス~カスタード仕立て~ 280円(税込)合格
前回からのリベンジ商品。
前回はマスカルポーネチーズパウダーを使用していたが、今回はマスカルポーネチーズをそのまま使用することでより香りが引き立つように改良。
さらに卵黄を加えカスタードのようなクコクのあるクリームに。そして食感を邪魔する大きなスポンジは抜き、エスプレッソを染み込ませた薄い生地に変更。
前回指摘された点を全て改良した一品。

ミニストップ とろけるティラミス~カスタード仕立て~
(出典:https://www.ministop.co.jp)

合格 4名(鎧塚、鈴木、柴田、徳永)
不合格 3名(辻口、土屋、徳増)
【徳永】確実に前回より美味しくなっている。本当に滑らかでとろける食感。口の中に入れても口溶け良く頂けた。大きいスポンジが無く、ジューシーなスポンジが中に一層入っていてすごく口溶けよくてとろけ。美味しかった。
【柴田】非常に美味しかった。この食感は昔ローマで食べたティラミスを思い出すくらい。コンビニのスイーツ(ティラミス)でこの食感を出しているのはすごい。カスタード仕立てというところでさらにコクを出している所は素晴らしい。

【8位】Wモンブランプリン

Wモンブランプリン 291円(税込)合格
プリンとモンブランという2大スイーツが一度に味わえる贅沢な商品。
2004年から販売されていたロングセラーのスイーツだが2019年にリニューアルの一環で一度販売中止になったが今回復活。
上の部分は渋みを感じられるマロンと甘めでコクのあるマロンを使った2種類のクリーム。
下のプリンは砂糖の量を減らしあっさりとした味わいにすることで濃厚なモンブランを引き立てる仕立てに。そこにチョコブラウニーやピスタチオをトッピングした贅沢な一品。

ミニストップ Wモンブランプリン
(出典:https://www.ministop.co.jp)

合格 4名(辻口、鎧塚、柴田、徳永)
不合格 3名(鈴木、土屋、徳増)
【徳永】美味しかった。普通に食べて。栗は卵黄のものとすごく合う。その味のバランスも良く、コクもあり合格とした。
【鎧塚】専門的に見るとちょっと栗の味が弱いとかあるが、やっぱり値段。291円は素晴らしい。モンブランパフェというか下にプリンがあり上にモンブランが2種類もあり、原価高いのにちょっとピスタチオが振ってあって、子供の頃に百貨店の食堂にあったパフェを「美味しい美味しい」と食べたような味になっていて素晴らしい商品と思った。

【7位】マスカットソフト

シャインマスカットソフト 313円(税込)合格
シャインマスカットに合うようにソフトクリームの原料や配合を変更。
通常のソフトクリームよりミルク感の薄い植物油脂のクリームを使用することでシャインマスカットの芳醇で繊細な甘みを活かしている。

ミニストップ シャインマスカットソフト
(出典:https://www.ministop.co.jp)

合格 5名(辻口、鎧塚、鈴木、柴田、土屋)
不合格 2名(徳増、徳永)
【鈴木】さすがミニストップ!というソフトクリーム。皮が入っている香りがした。香りが全然違ってくる。ソフトクリームにフルーツを入れていくのは本当に難しい。これだけの味・香りを出していくのはかなり研究したと思う。100点満点で美味しかった。
【柴田】とても美味しかった。加熱することによって余分な水分が飛んで香り豊かにできている。良い商品アイテムだと思う。

【6位】チョコバナナクレープ

リニューアル&リベンジ
しあわせクレープ~チョコバナナ~ 164円(税込)合格
前回見事合格したが不合格が2名。さらに高みを目指すために商品をリニューアルし、前回を上回る合格数に挑戦。
クレープの生地が薄く食感が足りないという指摘に対してチョコで食感を出すため板チョコチップを追加。さらにその板チョコはもともと入っていたチョコソース(カカオ20%)よりカカオ分が約40%高いものを使用(カカオ58%)。味の面でも食べ応えアップさせている。

ミニストップ しあわせクレープ~チョコバナナ~
(出典:https://www.ministop.co.jp)

合格 6名(辻口、鈴木、柴田、土屋、徳増、徳永)
不合格 1名(鎧塚)
【徳増】チョコレートの量を増やしたのは大正解。食感があることで最後まで楽しく食べられる。周りの皮の重なった部分がボソボソした感じになるが、チョコレートの比率が増えたことで緩和出来てすごくよかった。
【辻口】前回も合格にしたが、正直その時より美味しくなっている。カカオ分58%にしたのは大正解。カカオ分が70%や80%にすると苦み出てしまいバナナとクレープ全体のバランスを崩してしまうがチョイスがすごく良かった。

【5位】たまふわカスタード

たまふわカスタードクリーム 129円(税込)合格
通常の蒸しパンより約2倍以上の卵を使用することで独特のフワフワ感を実現。
さらにカスタードは十勝産の牛乳を加え、ねっとり濃厚な仕上げに。

ミニストップ たまふわカスタードクリーム
(出典:https://www.ministop.co.jp)

スポンサーリンク
合格 6名(辻口、鈴木、柴田、土屋、徳増、徳永)
不合格 1名(鎧塚)
【柴田】非常に美味しかった。129円でこのクオリティというところと、切ったときの断面がすごくキレイでフワフワっていう感じが、大量生産の中で良くコントロールできている。カスタードクリームは卵黄だけだと重たくなる。(ミニストップでは全卵で作っていることで解消)口の中に入れたときの生地とクリームの溶けていく感じが非常にバランスが良い。クリームの量もしっかり入っていて美味しい。
【土屋】ミニストップの代表になれる商品。卵を200%入れたことで口溶けもよく、その中にちょうどいい感じでクリームが入っていて(蒸しパンはもともと好きではないが)これは美味しい。
【鈴木】バランスを組んでいく力がすごく良い。ウチに欲しい。

【4位】飲むコーヒーゼリー

グルクル 飲むなつかしの珈琲ゼリー 397円(税込)合格
看板商品のソフトクリームとコーヒーゼリーを混ぜて飲んで楽しむ新感覚のデザート。
2種類の豆から抽出した苦みの強いエスプレッソを使うことでコーヒーの味も感じつつソフトクリームの甘さも引き立たせている。
またキャラメルチップとカカオを細かく砕いたカカオニブをトッピングすることで最後まで飽きさせない食感に。

ミニストップ グルクル 飲む なつかしの珈琲ゼリー
(出典:https://www.ministop.co.jp)

合格 6名(辻口、鎧塚、鈴木、土屋、徳増、徳永)
不合格 1名(柴田)
【徳増】間違いなく今日食べた中で断トツで旨い。全体のマリアージュも素晴らしくて、苦みの強いものとクリーミーで甘いものを合わすと異質なもの同士うまくマリアージュしない。その中でコーヒーゼリーにちょっと甘みを持たせることで境界線をぼかしたような形になっている。そのバランスが素晴らしかった。
【鈴木】ミニストップのソフトクリームと合わせるというのは最大の強み。コンセプトからしっかりしている。こういう企画を立ててくれるなら(ドリンク開発担当)中村さんもウチに欲しい。

【3位】ピスタチオガレット

ピスタチオガレット 345円(税込)不合格
こだわりは高級なピスタチオをふんだんに使った濃厚なムース。
ムースにカスタードを加えることで卵のコクがプラスされ、よりピスタチオの濃厚さが引き立てている。さらにピスタチオペーストを混ぜ込んだチョコレートをコーティングすることでよりコク深い仕上がりに。
そして下のサクサク食感のガレット生地にはビター味のチョコソースをコーティングすることでよりピスタチオの濃厚さを引き立て、専門店さながらの味わいに仕上げている。

ミニストップ ピスタチオガレット
(出典:https://www.ministop.co.jp)

合格 2名(鎧塚、徳増)
不合格 5名(辻口、鈴木、柴田、土屋、徳永)
【辻口】ミニストップ史上一番美味しくなかった。流通することに対して(ムースを固めるのに)これだけゼラチンを多くしなきゃいけないとか、いろんな要素があると思うが、これだけゼラチンが入っていたりチョコレートでコーティングしている中で、ピスタチオの良さが変な油の香りで全部台無しになっている。凝固剤(ゼラチン)が強いからウェット感がなくて非常に口が乾くお菓子になっていた。本当に美味しくなかった。
【柴田】いろんな想いを入れたはいいがまとまってない。油分の多いコーティングチョコレートを使用するところが舌に残ってくる。ピスタチオも結局はナッツで油。油分のところをもう少し考えた方がいい。
【鎧塚】コンビニの戦い方に慣れているのにあえて個人店の戦い方で攻めてきた。本当はこういうことで判断したらいけないかもしれないが、そこに熱い想いを感じた。よくこの値段でやった。ミニストップの上層部も最初止めたんじゃないか?ここでいろんな意見があったがピスタチオで戦い、僕たち個人店をぎゃふんと言わせて欲しい。

【2位】ソフトクリームプリン

ソフトクリームみたいなプリン 226円(税込)不合格
おうちでもミニストップのソフトクリームを楽しんでもらえるよう、味・香り・食感を近づけた一品。
口溶けのよいミルク風味のプリンにはソフトクリームの原料にも使われている北海道産の牛乳と練乳を使用。さらに上にのせるホイップクリームはミルクペーストとバニラエッセンスを加えることでソフトクリームのような濃厚な味わいと香りを再現。

ミニストップ ソフトクリームみたいなプリン
(出典:https://www.ministop.co.jp)

合格 2名(鎧塚、鈴木)
不合格 5名(辻口、柴田、土屋、徳増、徳永)
【徳増】美味しくない。プリンも卵白だけ使っており、白く作りたいというこだわりを感じるが、卵白臭くてゆで卵の白身だけを食べているような感じがすごくする。例えば白く仕上がる卵黄とかがあるのでそういうものを足して、少しはクリーム色っぽくはなると思うが、味もちゃんとついてきて欲しい。
【柴田】2位のものでここまで…ちょっと残念すぎる。(クリームの)油脂がすごく舌に残ってしまう。「自分で食べられましたか?」と質問したのは、どれだけの人が食べて「商品化するぞ」となったのかどうか。舌に油脂が残って、僕は1個全部は食べれない。
【辻口】発想はいい。ピスタチオもプチガトーとして勝負していきたいとかトライする気持ちはすごく伝わる。不合格にしたが唯一無二の自分をしっかり持てば必ず響くお菓子はいっぱい作れる。涙の分だけハッピーなお菓子を作って欲しい。

【1位】ハロハロ練乳いちご

リベンジ
ハロハロ 果実氷練乳いちご 375円(税込)合格

ミニストップ ハロハロ 果実氷練乳いちご
(出典:https://www.ministop.co.jp)

合格 5名(辻口、鈴木、柴田、徳増、徳永)
不合格 2名(鎧塚、土屋)
【辻口】前回不合格を挙げたが、企業努力でイチゴをスライスして酸味があって素材感が出て、相当いろいろ考えたんだなと非常に伝わってきた。非常に美味しかった。

▼ 前回の「ミニストップ」スイーツ ジャッジ企画の結果はこちら!


まとめ・感想

前回不合格だったティラミスは合格でリベンジを果たしたが、トータルの成績としては前回より悪く合格は7品止まり。(前回は9品合格)

また、全員合格も無し、とミニストップとしては不本意な結果となりました。

個人的に気になったのは「シャインマスカットソフト」と「たまふわカスタード」、そして「グルクル 飲むなつかしの珈琲ゼリー」。評価のコメントが良い!これは是非食べてみないと♪


超一流スイーツ職人

辻口 博哲
東京・自由が丘「モンサンクレール」をはじめ、コンセプトの異なる13ブランドを展開。
洋菓子のワールドカップで3度世界一に輝いたスイーツ界の巨匠。
鎧塚 俊彦
東京・京橋「Toshi Yoroizuka」。
「インターサック2000」優勝、「サロン・ドュ・ショコラ2018」金賞。
鈴木 一夫
ウェスティンホテル東京」のレストラウン・ラウンジなど全てのスイーツの最高責任者を20年勤め、デザートビュッフェの魔術師との異名を持つ。
柴田 武
名古屋「シェ・シバタ」オーナーシェフ。
3ヵ国で9店舗を構える世界的パティシエ。フランスNo.1ヂェアのチョコメーカーから世界でたった3人のアンバサダーに選出。世界的ショコラティエ辻口博啓がその腕を認めた。
土屋 公二
東京・渋谷「ミュゼ・ドゥ・ショコラ・テオブロマ」オーナー。
世界最大級のチョコレート大会「サロン・ドュ・ショコラ」5年連続金賞。
徳増 俊則
「菓匠 徳増」オーナー。
和菓子(創業41年の老舗「菓匠 京山」)と洋菓子(超一流洋菓子店「ピエール・エルメ」)で修業し、ホテルニューオータニでは焼き場を任された和スイーツのチャンピオン。
徳永 純司
インタコンチネンタル東京ベイ」エグゼクティブシェフパティシエ。
洋菓子界のオリンピック「クープ・デュ・モンド」のチョコレート部門で優勝。テレビドラマ「グランメゾン東京」でデザートを監修(モンブラン・クレームダンジュ)。

*「セブンイレブン」「ファミリーマート」「ローソン」などその他のコンビニもスイーツでジャッジ企画に参戦しています。

追記(2021/8/21)
*2021年8月21日に放送された「ファミリーマートのスイーツ」リベンジマッチの結果はこちら!


その他の『ジョブチューン』の記事はこちら↓


TBS「ジョブチューン」
2021年2月13日(土) 19時00分~21時00分
出演:ネプチューン(名倉潤・原田泰造・堀内健)バナナマン(設楽統・日村勇紀)土田晃之 山本里菜(TBSアナウンサー)
ゲスト:的場浩司・丸山 礼・ゆうちゃみ
プロフェッショナル:中島 淳(ミニストップ スイーツ開発責任者) 本間みぎ葉(ミニストップ 店内調理スイーツ開発担当) 中里彩香(ミニストップ 陳列スイーツ開発担当) 中村彩夏(ミニストップ ドリンク開発担当)

タイトルとURLをコピーしました